タブレット、スマホ対応マイクスタンド・アダプター7月中旬発売

Xpand
Pocket

IK Multimedia(本社:イタリア・モデナ)は6月26日、幅広いサイズのタブレット、スマートフォンに対応したマイク・スタンド・アダプター「iKlip Xpand」と「Klip Xpand Mini」の出荷を開始しました。
 

iPad、Pad mini、iPad Air、Androidなどをマイクスタンドに固定できる

Xpand
 
iKlip Xpand、iKlip Xpand Miniは、幅が自由に調節可能なタブレット・ホルダーで、ゴム製の保護パッドを備えたグリップ部により、様々なサイズのタブレット、スマートフォンをしっかりと固定、マイク・スタンドなどに取り付けることができます。サイズは7インチから12.1インチまで、つまりほとんどのタブレットに対応しており、カバーやケースを付けたまま取り付けることも可能です。

スタンド接続用クランプ部分も調節可能、30mmまでのポールに取り付けられる

iklip_xpand_attach_to_pole
 
iKlip Xpanは、スタンド接続のクランプ部分を最大1.2インチ(30mm)まで拡張可能で、卓上マイク・スタンドからブーム・スタンドまで様々なマイク・スタンドに取り付けられます。また、ボール・ジョイント方式による角度調節を採用、縦、横、角度の変更も自由にでき、ステージ上でも照明やスタンドに合わせて画面が見やすい角度、位置に固定することができます。
 
スタジオやライブパフォーマンス中、iPad対応のページめくり可能な楽譜管理アプリiKlip Stage(商品付属)やその他の音楽アプリを活用したり、スピーチ原稿をワープロ・アプリに表示させてプレゼンを行うなどの幅広い用途が想定され、設計されています。

タブレットを傷つけず、操作の妨げにならない構造

iKlip Xpandは、iPadやAndroidなどのタブレットを取り付けた際、接続ポート部をふさいだりサイドボタンの操作を妨げたりすることがないよう配慮してデザインされているとのことで、配線や操作性の障害にならない構造になっています。
 
価格は、iKlip Xpandが税込7,560円前後、iKlip Xpand Miniが税込5,400円前後の予定、日本国内での発売時期は2014年7月中旬予定となっています。また、付属の楽譜管理アプリであるiKlip Stageは、近日中にApp Storeにて無償ダウンロードが可能となります。
 
人前で演奏や発表の機会を持つ方は、スタイリッシュなホルダーでタブレットを使いこなすのも、スマートな演出の助けになってくれるかもしれませんよ。
参照元:商品詳細、仕様などはこちら
IK Multimedia公式サイト(日本語)
執筆:muu

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る