ヤマハ、 4K・Bluetooth®対応シアターラック発売

ヤマハ2
Pocket

ヤマハ株式会社は、スタイリッシュなテレビ用ラックでリアルサラウンドが楽しめ、4K伝送対応HDMI端子やBluetooth®対応シアターラックシステム「POLYPHONY(ポリフォニー)」の最新モデルとして、『YRS-1500』を9月下旬より、『YRS-2500』を10月中旬より全国で発売いたします。

リアルサラウンドをTVラックスタイルで堪能。4K、Bluetoothにも対応

ヤマハ2
 
『YRS-1500』『YRS-2500』は、「YSPシリーズ」で定評のある「デジタル・サウンド・プロジェクター」技術を搭載、臨場感あふれるリアルサラウンドをテレビ用ラックスタイルで楽しめる「POLYPHONY(ポリフォニー)」の最新モデル。さらに4KパススルーやBluetooth®、スマートフォン・タブレットで操作可能な専用アプリケーションにも対応しています。
 
大画面テレビで視聴するのに最適な高さ400mmのローボードスタイルで、幅1200mmの『YRS-1500』と幅1600mmの『YRS-2500』の2機種でサイズが選べます。また、棚板は高さ位置3段階の可変式で、Blu-rayレコーダーなどに合わせて高さ調節が可能です。

映画も音楽も、迫力あふれる臨場感で楽しめるリアルサラウンド

ヤマハ独自の「デジタル・サウンド・プロジェクター」技術では、ビーム化した音を壁に反射させるため、実際にスピーカーがあるべき場所からが聴こえ、視聴者の位置を限定せずに複数人で自然なサラウンド感を堪能できます。普段のテレビ番組はもちろん、映画・音楽・スポーツ・ゲームなどさまざまなコンテンツを、圧倒的な臨場感で楽しむことができます。
 
イメージ図

テレビとの連動操作や視聴環境の自動設定などで、操作や設定が簡単に

大手メーカーのTVやレコーダーに対応した「HDMIコントロール機能」を搭載。接続中のテレビやレコーダーのリモコン操作と連動して、本機の電源ON/OFF・音量調整・入力切替などが行えます。また、設置する室内の形状などに合わせて、ベストな視聴環境をフルオートで設定できる音響測定・最適化技術「インテリビーム」を搭載。
 
付属のマイクを使って約3分間の測定をするだけで、ビーム角度・音量・音質などを各チャンネルごとに自動で設定できます。左右の音の位置バランスもおまかせで補正できるので、自然な定位感が得られます。その他に、HDMI接続でテレビに設定画面を表示して詳細設定が行える「OSD(オンスクリーンディスプレイ)機能」を搭載。コンテンツを視聴中でも、自由に設定切替ができます。
 
最先端の音響機能を搭載したシアターラックをお探しの方は、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。
 
参照元:リビングにマッチするスタイリッシュなラックでリアルサラウンドを楽しめる「POLYPHONY」に、4K・Bluetooth®対応モデルが登場
執筆:muu

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る