ライブ配信に!HDモバイル映像伝送システムのレンタル開始!

ソリトン2
Pocket

株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区新宿、代表:鎌田信夫)は、HD映像入出力に対応したモバイル映像伝送システム”Smart-telecaster HD”のレンタルサービスを8月18日より開始します。

複数の携帯回線を利用し、大容量の映像データ送信を可能にした独自システム!

ソリトン
 
“Smart-telecaster HD”は3G, LTE(4G)などの携帯回線を複数束ねながらリアルタイムでの高画質映像配信を可能としたソリトンシステムズの独自技術RASCOW (Real-time Auto Speed Control on Waterway model) TMを実装しており、揺らぎの大きいモバイル回線上でも短遅延で安定した映像伝送が可能となっています。

公共機関や報道機関でも利用されている

Smart-telecaste HDは、TV局、一般企業をはじめ、警察、消防、救急などの公共機関でも利用されています。番組制作や報道の現場で利用が進み、最近ではソチ冬季オリンピックやブラジルワールドカップでも、現地のモバイル回線を利用して、競技会場から日本への生中継に活用されました。
 
ソチ
 
今回開始するSTCレンタルサービスは、ライブイベントの中継やインターネット向け配信を促進するのが狙い。ユーザーは装置の購入や回線契約の必要なしに、期間と予算に合わせて、簡単な操作で臨場感のあるライブイベント中継ができます。

レンタル機材の構成

●送信側機材一式(専用中継バック)
送信機本体
V-mountバッテリー×2個
バッテリーチャージャー
冗長バッテリー用プレート
SDI映像入力用ケーブル
HDMI映像入力用ケーブル
モバイル通信モデムx6本
※モバイル回線(6本)をセットでレンタル提供するため、モバイル回線契約を新たにする必要はありません。
 
●受信側機材一式
ノートPC
外部出力用映像キャプチャー(USB3.0からHD-SDI/HDMIへ出力)
外部出力用SDI/HDMIケーブル

1週間or1ヶ月のレンタル期間が選択可能

2014年8月18日からサービス開始で、レンタル料金は1週間で19万円、もしくは1ヶ月で48万円とのこと。一般に広く開放されたプロ仕様のHD映像配信システムですが、やはり少し値が張るので、複数バンドの連続ライブ中継や巡業など特殊なシーンで、計画的に利用したいですね。
 
参照元:ソリトン、モバイル映像中継装置”Smart-telecaster HD “のレンタルサービスを開始
執筆:muu

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る