小室哲哉がマウスのクリック音で作曲?!違法ダウンロード防止啓発MV

マウス クリック 音楽
Pocket

音楽プロデューサーの小室哲哉さんが元スケボーキングのSHIGEOさんと共に、音楽の違法ダウンロード防止のためのキャンペーン楽曲「GOOD CLICK CREATES GOOD MUSIC!」を、PCを操作する時に利用するマウスを使って演奏するという動画が2014年4月30日に公開され話題になっています。
 
違法ダウンロード対策

年間29.3億回の違法ダウンロード!

「GOOD CLICK CREATES GOOD MUSIC!」はSTOP!違法ダウンロード広報委員会と小室哲哉さん、SHIGEOさんが違法ダウンロードを防止するための啓発コンテンツとして制作しました。現在日本国内における違法ダウンロード件数は29.3億回とされており、1秒間に100曲がダウンロードされている計算になります。
 
今回のミュージックビデオは、違法ダウンロードをPC操作で行うことを想定し”マウスクリック”をかけた楽曲となっています。ミュージックビデオ内には100個を超える様々な音をサンプリングしたマウスが並べられ、小室哲哉さんとSHIGEOさんがそのマウスを指で叩いて”クリック”することで楽曲を演奏するというシーンが撮影されています。
 

ミュージシャンのビジネスモデルとは

先日ミュージシャンのスガシカオさんがダウンロード曲を購入した場合と、CDを購入した場合の利益の違いを嘆くツイートに対してミュージシャンという人気商売におけるビジネスモデルが話題になりました。そもそも違法ダウンロードによって、それを生業としているミュージシャンが被害を被る以上、好ましきことではありません。
 
ただポジティブなとらえ方をすれば29.3億回もダウンロードされるほど音楽業界には普遍的なニーズがあるというように言い換えることもできます。しかし、レコード会社の決算状況を見る限り、音楽業界不況といわれる根源は違法ダウンロードだけではないのではないでしょうか。現代においては、ミュージシャンというビジネス自体のマネタイズ戦略を再考しなければならないということも違法ダウンロードを取り締まるのと同じくらい当然なことなのかもしれませんね。
 
参照元:STOP!違法ダウンロード広報委員会
執 筆:muu

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る