JVC、臨場感ある高解像度インドアヘッドホン4モデル発売

JVC
Pocket

株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:江口祥一郎)は、JVCブランドから、共振による歪み(ひずみ)を抑える同社独自の音響技術を搭載、映画や音楽などのコンテンツを臨場感のある高解像度再生可能なステレオヘッドホン(インドア用)「HA-RZ910/RZ710/RZ510/RZ310」の4モデルを今月7月より発売開始しました。
 
全機種、長時間の使用でも快適な装着感を実現。また、使いやすいコード長を採用し、様々な視聴環境にあわせた使用が可能となっています。
 
JVC

機種の主な特長:「HA-RZ910/RZ710」2機種共通の特長

ドライバーユニット背面に、ユニット振動板の振幅を安定させる”サウンドスタビライザー”を採用しており、高音から低音まで、デジタル音声を高解像度再生します。また、”ワイドホールド・ヘッドバンド”を採用しており、広い面積で頭部をしっかり包み込み、安定した装着感で長時間快適なリスニングが可能です。

「HA-RZ910」の特長

大口径50mm高磁力ネオジウムドライバーユニットにより、低音から高音まで臨場感豊かに高音質で再生します。また独自技術として音響レンズを採用し、直接音と間接音を最適調整。自然な広がりと奥行き感のある音を再生します。耳を心地良く包み込む”低反発イヤーパッド”も採用され、長時間使用を快適なものとしています。

「HA-RZ710」の特長

「HA-RZ710」にも大口径50mm高磁力ネオジウムドライバーユニットが搭載されています。心地よい肌触りの”ソフトレザーイヤーパッド”を採用し、快適な装着感です。

「HA-RZ510/RZ310」2機種共通の特長

ハウジング部が全方向に可動し、頭の形状に合わせてジャストフィットするツイストアクション機構を搭載しており、長時間リスニングを快適な装着感で楽しめます。

「HA-RZ510」の特長

こちらも大口径40mm高磁力ネオジウムドライバーユニットを搭載。ソフトな装着感で心地良いヘッドパッド&布製のイヤーパッドを採用しています。

「HA-RZ310」の特長

大口径高性能ドライバーユニットおよび、ダイナミックポート構造&密閉イヤーパッドの採用により、迫力の重低音サウンドをダイナミックに再生します。
 
インドア用ヘッドフォンは非常に付け心地が良く、音が良いものも多いですが、1万円を切る価格帯で40~50mmのドライバーユニットが搭載されている贅沢なヘッドホンの選択肢が増えてくれるのは嬉しいですね。
 
追記:装着感が快適過ぎて、付けっぱなしで寝てしまうのは破損の元ですから気をつけましょう(著者経験済)。
参照元:臨場感ある高解像度再生を実現するインドア用ヘッドホンの新ラインアップ4モデル ステレオヘッドホン
「HA-RZ910/RZ710/RZ510/RZ310」を発売

執筆:muu

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る