2013年度音楽メディアユーザー実態調査の結果が公表!新しい楽曲の認知のきっかけは?

未知アーティスト 新品CD購入 音楽ファイル購入 きっかけ
Pocket

近年、音楽を聴くためのツールや音楽情報を収集するためのツールが様々登場し、リスナーはそれぞれ自分に合ったツールを活用して音楽を聴いていると思います。一般社団法人 日本レコード協会は2013年8月、全国1,545人を対象に音楽メディアユーザー実態調査を実施し、2014年3月にアンケート結果を公表しました。
 

未知アーティスト購入のきっかけはテレビCM、アーティスト公式サイト、無料動画配信サイト

 
未知アーティストに関する新品CD購入のきっかけは、テレビCMアーティスト公式サイトが去年に比べて拡大傾向となりました。テレビCMがきっかけとなる場合は、「なんかこのメロディ頭に残るな」といったようにメロディ先行でリスナーに興味喚起している一方で、アーティスト公式サイトがきっかけとなる場合は、「なんかこのアーティスト気になるな」といったように、アーティストの魅力が先行してリスナーに興味喚起をしているのではないかと考えられます。
 
また、未知アーティストに関する楽曲ファイル購入のきっかけは昨年に引き続き無料動画配信サイトがトップとなっています。情報収集から楽曲購入まで一貫してネット上で完結できることが、トップの要因となっているのではないでしょうか。
 

未知アーティスト 新品CD購入 音楽ファイル購入 きっかけ

 

新しい楽曲の認知のきっかけは無料動画配信サイト、アーティスト公式サイトが拡大傾向

 
新しい楽曲の認知のきっかけとして、無料動画配信サイト楽曲発売のテレビCMを抜いて3位となっています。また、9位には新たにアーティスト公式サイトが浮上しており、新しい楽曲の認知のきっかけがネット上にシフトしていることが見て取れます。今後、アーティストにとっては楽曲に関する情報を発信する上で、ネット上のツールをどう上手く活用していくかが鍵を握ることとなっていきそうです。
 

新しい楽曲 知る きっかけ

 
参照元:2013年度「音楽メディアユーザー実態調査」報告書公表
執 筆:kazjr

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る