理研と東京芸大が実証!悲しい音楽はロマンチックな感情をもたらす!

悲しい音楽
Pocket

失恋した時に失恋ソングなどの悲しい曲を聴いた経験はないでしょうか?どうやらそれは、悲しい音楽を聴くことでロマンチックな気分に浸り悲しみを癒すという本能的な行動をとっているということになっているようです。
 
2013年5月24日、理化学研究所と東京藝術大学の共同研究グループは18歳~46歳の被験者44人(男19人、女25人)に対して、マイナーコードの音楽を聴かせ、音楽を聴いた後に感じた感情を62種類の感情に対して強度を回答するという実験を行いました。
 
top_01

悲しい音楽はロマンチックな感情を生む

今回の実験はグリンカ作曲のノクターンを30秒程度被験者に聴かせた後に感じた感情のアンケートをとって集計するといったもです。その感情を回答するアンケートは二つにわかられ、1つは「ノクターンがどのような音楽であるか」というアンケートと「聴いてみてどんな感情を体験したか」というアンケートです。前者のアンケートは、その音色に対する左脳的な判断、後者のアンケートは右脳的な判断といぅ風に言い換えることもできるでしょう。
 
その結果、ノクターンに関しては皆”悲しい曲である”というジャッジをしたにも関わらず、自分が体験した感情は”ロマンチックな気分”という回答が多く出そろうという結果になり、悲しい曲にも関わらず感情軸の上では高揚感を感じるという正反対の感情を感じているということがわかりました。
悲しい曲

これは音楽意外にもあてはまる?!

小説を読んで悲しい結末により涙する時もどこか清々しくロマンチックな感情を感じたことはないでしょうか?だとすれば今回の研究成果は音楽に留まらず、左脳で悲しいとジャッジしたものに対して人は正反対の高揚した感情をいだくということが言えるでしょう。
 
たしかに楽器を演奏したり、聴いたりしているとメジャーコードで進行されている曲の中に登場するマイナーコードの心を掴まれることもあるため、今回の研究成果を楽曲制作などに生かせばより大衆ウケする曲をつくることができるのではないでしょうか?!
 
参照元:理化学研究所
執 筆:muu

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る