長距離ドライブ前に押さえておきたい居眠り運転防止アーティストベスト3!

眠気覚まし アーティスト 調査
Pocket

7月に入り、いよいよ夏が始まります。旅行や帰省などを考えている方々も多くいらっしゃるのではないでしょうか。旅行先でたくさんはしゃいだ帰り道。思わず居眠り運転をしてしまうなんてことも。居眠り運転には、休息をとる、コーヒーを飲む、レッドブルを一気飲みするなど様々な手段があると思いますが、僕は好きな音楽を聴くことに一番効果があると思います。
 
ソニー損害保険株式会社は、2013年7月9日〜15日の7日間、自家用車を所有して自分で運転をする20代〜50代の「今年のお盆に帰省する予定がある」男女に対し、「お盆の帰省に関する調査(2013年)」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効回答を得ました。
 

眠気覚まし アーティスト 調査

眠気覚ましアーティストベスト3は「サザンオールスターズ」「B’Z」「嵐」

 
調査結果によると、眠気覚ましアーティストベスト3として「サザンオールスターズ」「B’Z」「嵐」が人気であるという結果を得ました。
前年は「B’Z」「嵐」「サザンオールスターズ」という順でしたが、2013年は「サザンオールスターズ」が首位に返り咲きました。しかし、上位3組のアーティストで順位の変動こそあるものの、顔ぶれに変化は無く、眠気覚ましアーティストとしての不動の地位を築いていることが伺えます。過去5年の推移を見ると、比較的アッパーなソングが目立つアーティストがノミネートしているのが分かります。
 

眠気覚まし アーティスト 調査 5年間 変動

 

事故を起こしそうになった約35%の原因は「居眠り運転」

また、車を運転していて、実際に事故にはならなかったものの危うく起こしそうになった事故について複数回答で聞いたところ、「追突事故」が最も多く6割弱(58.6%)、次いで「居眠り運転による事故」(34.9%)と「自転車との事故」(34.7%)が3割半で続きました。これら上位3項目は、過去3回(2010年〜2012年)の調査においても、毎回上位3項目になっています。この数字だけ見ても、どれだけのドライバーが「居眠り運転」をしてしまっているかがお分かりいただけると思います。

居眠り運転 割合

 

kazjrが選ぶ眠気覚ましソングベスト3!

ちなみに僕の眠気覚ましソングベスト3はTHE YELLOW MONKEY「スパーク」、ELLEGARDEN「Space Sonic」、DOPING PANDA「beautiful survivor」です!!
 
参照元:ソニー損保、「お盆の帰省に関する調査(2013年)」ソニー損保、「2013年 全国カーライフ実態調査」
執 筆:kazjr

Pocket

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る